FC2ブログ

カレンダー

03< [ 2019年04月 ] >05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Lunya

Lunya

カテゴリ

タグ検索

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

バックナンバー

リンク

訪問者


:スポンサーサイト

--年 --月--日(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

119:【遊戯王OCG・カード考察】「TF3」のカードたち ‐2戦目‐

2008年 12月05日(金)
「TF3」に同梱されているカードについての考察2回目。

今日考察するカードは・・・



吹雪「僕とレッドアイズの架け橋」


真紅眼の飛竜[GX06-JP002]
[風]☆4【ドラゴン族・効果】ATK/1800・DEF/1600
通常召喚を行っていないターンのエンドフェイズ時に、
自分の墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
自分の墓地に存在する「レッドアイズ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。


このカード、おそらく「TF3」の同梱カードの中では一番の目玉カードになるだろう。
(「ディスクガイ」や「魔宮の賄賂」のような衝撃は無いが・・・。)



[ステータス]

攻撃力が1800、守備力は1600あるので、アタッカーとしてはまずまず。

・・・だが、風属性である・・・そこが地味にイタイ;
他の「レッドアイズ」関連のモンスターは全て闇属性なのに、このカードだけが風属性なのである。

統一性が無いのはもちろんの事、闇属性の方が何かと優遇されている事が多い。
相性が良さそうな「終末の騎士」の効果で墓地へ送る事ができないのも辛い点・・・。



[効果]

効果の発動タイミングは、「通常召喚を行っていないターンのエンドフェイズ時」である。
もちろん、相手のターンでは発動する事ができない。

・・・使いにくい;
この発動条件があるせいで、だいぶ使い勝手の悪いカードになってしまっている。
特殊召喚をしたモンスターが次の相手ターンを持ちこたえなければいけないわけだ・・・。

・・・コントロールを奪われたりなんかしたら本末転倒である;

せめて、発動条件(誓約)が片方だけだったらよかったのに・・・。

「この効果を使用する場合、通常召喚を行えない(メインフェイズ中に発動可能)」とか、
「この効果はエンドフェイズ時に発動する事ができる(通常召喚していても可)」 みたいに。

効果の発動に縛りがある為、このカードを使ってラッシュをかけるのは無理みたいだ・・・。

しかし、このカードの効果を使用しても直接的なアドバンテージを失うわけでもないので、
墓地に「レッドアイズ」がたまり手札が少なくなった終盤あたりでこのカードは威力を発揮する
・・・かもしれない。(「疾風の暗黒騎士ガイア」みたいに。 ・・・違うか?w)
その点は評価できる部分である。

あとは・・・絵とかw


次に、特殊召喚できる「レッドアイズ」ですが・・・

真紅眼の飛竜
・真紅眼の黒竜
・真紅眼の不死竜
・レッドアイズ・ブラックメタルドラゴン
・レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

現在はこの5種類しかいません。
ただ、「ブラックメタルドラゴン」は蘇生制限のあるネタカード(ネタカードゆーな!)である為、
実践で活躍できる「レッドアイズ」は実質4種類だけという事になる。

では、順に1枚ずつ見ていこう。


・真紅眼の飛竜

 このカード自身である。(・・・自身じゃないな・・・他の同名カードね。)
 同名カードを蘇生できるのでかなり救われている気がする。
 なので、普通のデッキにこのカードを3枚入れるだけ(他の「レッドアイズ」は無し)でも活躍
 ・・・はできないかw


・真紅眼の黒竜

 元祖無印の通常モンスターカード。
 無印の「レッドアイズ」好きにはたまらないですね。

 元々は、竜崎が大金をかけてGETした激レアカード。(恐竜じゃないのにねぇ・・・。)
 その後は、城之内君のトレードマークと化してしまいますw


 (・・・真面目に考察しなさいよ・・・。)


・真紅眼の不死竜

 勝手にアンデット化された「レッドアイズ」。
 このカードを使うという事は、「アンデットワールド」がデッキに入っている確率が高いわけで・・・
 アンデットという事は、「馬頭鬼」という優秀すぎる馬もいるわけで・・・

 ・・・アンデットの事はアンデットの方達におまかせしておいた方が無難そうである。


・レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン

 「レッドアイズ」の中で一番強力であり一番蘇生させたいモンスターである。
 おそらく、それが一般的であり最も効果的だと思われる。


 ・・・それしか言いようがない。(オィ



 フィールドの「真紅眼の飛竜」を除外して、
 手札から「レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン」を特殊召喚!



 飛竜(・・・(´・ω・`;)・・・)



 ・・・それだけは避けたいところだ。



[相性の良いカード]

おろかな埋葬

 墓地にカードを落とすと言えばこのカード。
 できれば、「終末」なんかに対応していない「飛竜」を優先して墓地へ落としたい。
 「飛竜」が既に墓地に存在するのなら「レダメ」等状況に合ったモンスターを落とすべし。

 「飛竜」の入ったデッキにおいて、
 キーパーツを簡単に墓地に落とせるこのカードは、かなり重要な位置にある。
 おそらく、「飛竜」を入れたデッキならば必須となるカードだろう。


未来融合

 指定する融合モンスターは、もちろん「F・G・D」。
 「飛竜」と「レッドアイズ」を墓地に落とせば、
 1ターン目からでも「レッドアイズ」をフィールド上に出す事ができるぞ!

 最大で2体も出す事ができるので結構強力かも!?


生還の宝札

 またあなたの力をお借りしなくては・・・


 借りますw


バーストブレス

 ドラゴン族をリリースし、そのモンスターの攻撃力以下の守備力を持つ
 表側表示モンスターを全て破壊する という効果を持った通常罠である。

 大型の「レッドアイズ」がフィールド上にいる時に
 相手が表側表示でモンスターを出してくる場面はあまり無いかもしれない。
 よって、相手が「飛竜」を狙ってきた時に使う事になる。
 1800以下の守備力なら全破壊できる というわけだ。

 「飛竜」を入れたデッキならドラゴン族も多いかと思われるので、普通に活躍できるカードでもある。


魔のデッキ破壊ウィルス闇のデッキ破壊ウィルス

 「闇のデッキ破壊ウィルス」の媒体は「レダメ」に限られるが、
 「飛竜」の効果で蘇生させた「レッドアイズ」が相手のターンを乗り切れない場合に
 “サクリファイスエスケープ”として発動する事が主となる。
 (媒体は「飛竜」以外ね。 あと、「バーストブレス」でも同じような使い方ができる。)

 ついでに「死のデッキ破壊ウィルス」も発動できるようにデッキを組んでおけば、
 相手はズタボロになる事間違い無しだw


 おまけで「魔法除去細菌兵器」も・・・





以上で考察を終了しますが・・・何か書き忘れている気がするんだよなぁ・・・;


今日考察した「真紅眼の飛竜」ですが、「星見獣ガリス」と共通して言える事は・・・

非常に惜しい効果(ステータス)を持ったカード という事だ。

かゆい所に手が届かない・・・そういった感じの効果(ステータス)である。


もし、「飛竜」のレベルが3だったら、ちょこっとだけ革命が起きていたかもしれない。(何

たぶん、効果云々よりも絵の方で価格が上がるタイプのカードですな・・・「飛竜」は。



~糸冬~



・・・っと、簡単に考察を終わらせるつもりだったが意外と時間がかかってしまった罠;


(・・・こっそり5日の記事にしておこっとw)




カード考察コメント(0)

≫次の記事 カウンターパンチ
≪前の記事 【遊戯王】遊戯王的雑記

コメント

コメントの投稿

名前
題名
メールアドレス
URL
コメント

パスワード
Secret
管理者にだけ表示を許可する

ブログ TOP


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。